HOME 妙昌寺について 墓地・永代供養 カンボジア学校 アクセス お問合せ
妙昌寺について 〜妙昌寺の霊峰〜

妙昌寺 一木三躰 日蓮聖人 御尊像
【 市指定文化財彫刻 】
妙昌寺の沿革については、旧家の川角 岸久子家に伝わる古文書或いは『新篇武蔵国風土記稿』に以下のように記されています。
當寺建立 弘安四(1281)年十月也
開山日仙聖人 本山頂師御」弟子也
1間四面辻堂有之一七日御説法此處之城主斧澤入道修理太夫
与申四町余寺代被下妙昌寺建立
弘安四年中此地二一寺ヲ創立シ山号ヲ青鳥山寺号ハ妙昌寺ト称シ、年月ヲ経テ天文年歴(1532〜1554)二至同郡神戸村写永伝二該寺ヲ移転
其後元和四(1618)年本村字山王二移転シ今二在置ス
祖師堂―寛文六年創立 中老日法聖人ノ作二シテ元祖日蓮大士自御開眼ノ尊像ナリ

妙昌寺の日蓮供養板石塔婆(写真中央) 県指定文化財 考古資料


 県の文化財に指定される「日蓮供養板石塔婆」は貞和2年(1346)に、宗祖65回忌に日願上人と一結衆と呼ばれる26人の信徒により建立されたもので、高さ159cm 幅40cm 厚さ7cm。
 妙昌寺には、他に文和3年(1356)から永禄12年(1569)に至る南北朝時代〜戦国時代頃までの200余年間に建立された板碑が20基近く残されております。(下図は文明13年の板碑図解です)
妙昌寺板石塔婆 市指定文化財 考古資料


日蓮宗 青鳥山 妙昌寺(みょうしょうじ)  〒355-0066 埼玉県東松山市神戸1121
Tel:0493-34-3042  Fax:0493-34-3499
*本WEBサイトの全ページの画像・文章・映像等の著作権は妙昌寺にあります。無断で複写・複製・転載することを禁じます。
Copyright (c) 2010 MYOUSHOUJII Temple. All Rights Reserved.