東京都西多摩郡日の出町 真言宗豊山派 月向山 蓮華院 常福寺
ホーム 常福寺のご案内 寺院内のご案内 真言宗豊山派とは 交通案内




 常福寺のご案内

 寺院内のご案内
 
  墓地のご案内

  永代供養墓のご案内

 真言宗豊山派とは

 交通のご案内


 写真集


常福寺本堂


常福寺(じょうふくじ)は、東京都西多摩郡日の出町にある真言宗豊山派の寺院である。山号は月向山(げっこうさん)、院号は蓮華院(れんげいん)と号し、本尊は不動明王である。戦国時代の永禄年間(1558〜70年)に森田将監祥昌が開基したといわれる。森田将監祥昌は天正6年((1578年)没し、法諱は月向院玉叟道金居士と号す。開山は当山派修験道の圓秀とされている(天正十二年=1548年没)。江戸時代の寛文七年(1667年)には、時の代官曽根五郎左衛門吉広が、日の出村査縄(土地調査)の際、二反二畝の地を除税し、寺に寄付したと伝えられている。その後、一時廃寺となりかけたが、僧儀殿がこれを再興した。明治十五年(1882年)この地を襲った「大久野焼け」と呼ばれる大火によって、堂宇は全焼し、空海筆跡などの寺宝は灰燼と化した。その後は仮普請のままであったが、平成2年本堂、庫裡、客殿が再建された。

◇多摩八十八ヶ所 第56番札所


Copyright(C) 真言宗豊山派 月向山 蓮華院 常福寺 All Rights Reserved

 東京都西多摩郡日の出町平井3687 TEL:042-597-0817